愛知ブランド企業紹介
認定番号 704 食料品製造業

合資会社野田味噌商店

豆味噌を広く伝える為、あらゆる食材とコラボを行い情報の発信を行う天然醸造豆味噌製造企業

住所 〒470-1213 豊田市桝塚西町南山6
TEL 0565-21-0028 FAX 0565-21-0180
H P http://www.masuzuka.co.jp

■最新情報

2011年3月1日-4日まで開催の「FOODEX2011(千葉幕張メッセ)」に出展予定。
「第5回愛知県味噌溜醤油品評会」愛知県知事賞(2010.10.26)
 

■企業概要

天然醸造の豆味噌メーカーで、伝統的な木桶醸造を守り続け、日本の食文化の普及に努めています。
地名から「蔵元 桝塚味噌」として八十余年、親しまれております。

■主な製品

●味噌ヂカラ全11品・・・愛を知る「愛知の味噌」。
創業以来、地元の大豆とともに、あるいは地元愛知県の農業とともに歩んできた蔵元として、「食育」そして「地産地消」の志のもと、地元愛知県の大豆を中心に使用し、育てあげた各商品です。

●無為自然三種(豆味噌、あわせ味噌、米味噌)・・・為すこと無く、自(おのずか)ら然(しか)る。作為なく育てあげた味噌です。

704_01.jpg

■コア・コンピタンス

会社創業以来、現在では殆んど見られなくなった、杉の大樽を用いての天然醸造・長期熟成(1年半以上熟成)を守り続けている。大樽約400本保有は国内最高。
その一方で、経験に頼る作業が多かった仕込み工程(大豆洗いから木桶に仕込む前まで)にコンピュータ自動制御を導入し、品質の安定化を図っているとともに、こうじ培養工程をより密閉性の高い発酵室で行うことが可能となり、高品質な豆味噌を製造している。
また、自動制御の工程の中でも大豆を蒸す釜(NK缶)は原料6トンを一気に蒸し上げる事の出来る全国でも最大級の釜である。
伝統の維持と近代化を両立し、安心・安全な味噌造りと日本の伝統の味を守り続けている。

■企業からのメッセージ

朝、味噌汁も飲まず会社や学校へ行く人たちが増えているそうです。
日本人は忙しさのあまり、暮らしに欠かせない“間”を忘れているのではないでしょうか。今、日本で「くらし」に対しての不安が増加しているのも、そんな社会の慌しさが一因のように思えます。どんなに忙しくても、朝、一杯の味噌汁を飲む“間”があれば、それだけで心のゆとりが生まれます。
みなさん、朝の味噌汁とともに、心のゆとりを取り戻してみませんか。

■企業データ

社是
マスヅカは 夢を求めて 今日を生きる 明日を生きる 人を信じ 人を生かし 若い闘志は 息吹に満ちて 伝統的未来を 創造する
資本金 4,000千円 従業員数 35(パート含む)名
代表者職・氏名 無限責任社員 野田 清衛