愛知ブランド企業紹介
認定番号 121 生産用機械器具製造業

中央化工機株式会社

“粉体技術”でモノづくりを支える、「振動を応用した粉砕・乾燥分野のトップメーカー」

住所 〒470-1112 豊明市新田町中ノ割3
TEL 0562-92-6181 FAX 0562-92-1051
H P http://www.chuokakohki.co.jp/
121_001.jpg

■最新情報

2011チャイナファーム(中国交際医薬品工業博覧会)
場所:上海市 中国医国際交流展示会会場
日時:2011.10.25から2011. 10.28まで
に出展しました!

■企業概要

振動ミル・振動乾燥機・溶剤回収装置をベースにした研究開発型メーカーです。 開発、設計から組立、メンテナンスまで一貫して行い、顧客ニーズに対応した装置を提供しています。 産学連携を通じてより高い技術開発にも取組んでいます。

■主な製品

121_s01.jpg
金属、セラミックス、食品など多様な粉砕用"振動ミル"

121_s02.jpg
ファインケミカルに対応した"振動乾燥機"

121_s003.jpg
溶剤の回収機器プラント

■コア・コンピタンス

中央化工機株式会社の「振動ミル」は、原料と粉砕媒体を粉砕筒に挿入し、高速円振動させることで微粉砕し、ボールミルの8から10倍の粉砕能力を持ち、メカノケミカル効果も得られます。また、振動技術を応用して開発した「振動乾燥機」(振動だけで粉粒体を流動化させ、間接加熱で乾燥させるユニークな乾燥機)と「振動流動層装置」(エアーと振動で微粉体を流動化させ、ろ過乾燥、溶剤優先除去、加湿・調湿などの操作を行う)は共に国内で第一位のシェアです。サニタリー性の高いGNP対応機として医薬品の乾燥用に、国内の医薬品メーカーのほとんどが導入しています。そして会社設立当初から手掛けている溶剤回収装置(エタノール、IPA[イソプロピルアルコール]などの精留のための化学機器プラント用)と合わせてこれらを当社の柱とし、技術開発型企業として活躍しています。

■企業からのメッセージ

時代の変遷に対応し、“より一歩前へ進むために”粉体・流体の様々な用途に合う製品開発で、お客様のニーズに的確に答えていきます。

■企業データ

経営理念
企業は社会の公器である。
この使命感に徹し社会的責任を自覚して社会の発展、豊かさの向上に貢献しなければならない。
この為、会社は適正なる利益を確保することに努め、永遠に繁栄しなければならない。
資本金 5,000万円 従業員数 84名
代表者職・氏名 代表取締役 千賀 昭