• ホーム
  •  > 最新情報
  •  > 2014年
  •  > 産学官連携[愛知(株)×名城大学]学校図書館書架の対震比較実験について

最新情報

産学官連携[愛知(株)×名城大学]学校図書館書架の対震比較実験について

 集いと学び空間をデザインする専門家具のトップメーカー愛知株式会社が、名城大学理工学部 立川剛研究室/宿里勝信研究室による「学校図書館書架の対震比較実験」に共同参画し、地震発生時の図書館書架の構造・形状による、転倒や書籍の落下などの危険性の違いを検証いたしました。

 阪神・淡路大震災、東日本大震災において、多くの図書館で書架が転倒、崩壊、書籍が落下・散乱するなどの報告がされています。
 当社は教育施設家具の専門メーカとして、図書館書架の耐震性を検証し、より安全性を高めることが必要であるとし参画しました。

◎実験の詳細・結果について↓

http://www.axona-aichi.com/company/policy/library_ex.html