愛知ブランド企業紹介
認定番号 1313 木材・木製品製造業

フルハシEPO株式会社

木にこだわり『植林からエネルギーまで』、木質バイオマスの可能性を追求し地球環境の未来を創造する

住所 〒460-0022 名古屋市中区金山1−14−18
TEL 052-324-9088 FAX 052-324-9188
H P http://www.fuluhashi.co.jp/

■最新情報

木質バイオマス利用は、製紙・パルプ用ならびに木質ボード用原料のみならず石油代替燃料として活用されてきました。近年では2011年2月に神奈川県川崎市での国内最大規模(当時)33MWの木質バイオマス発電所の稼働に至り、愛知での木質バイオマス発電所へと繋がり、合弁事業として来たる2019年10月に50MWのCEPO半田バイオマス発電の稼働に向けて鋭意建設を進めています。

■企業概要

木質バイオマスのリーディングカンパニーとしてとして、創業70年の実績と経験をもとに国内最大の木質バイオマス発電の実施など「植林からエネルギーまで」、私たちは、これからも挑戦者であり続けます。

■主な製品

主要製品である木材チップは、創業当時製材端材を主体としていたものの、現在は住宅系廃材、物流・梱包資材、間伐材や都市部の剪定枝葉などを原料として製造。主要用途は、製紙用原料、木質ボード用原料ならびにバイオマス発電用燃料。2011年2月に、神奈川県川崎市沿岸部にてバイオマス発電所を合弁事業にて稼働(川崎バイオマス発電)。愛知県では、2019年10月に合弁事業として新たなバイオマス発電所(CEPO半田バイオマス発電所)を稼働予定。創業以来、木材に関わる事業として木材・木製品製造業であり、近年ではエネルギー事業へも進出している。

■コア・コンピタンス

愛知エリア、関東エリアを中心に全国12拠点(グループ会社3拠点含む)ならびに2大バイオマス発電を擁する「植林からエネルギーまで」総合木質バイオマス事業モデル。木材チップ製造のパイオニアであり業界リーディングカンパニーとして、ユーザ企業には原料・燃料ともに年間を通じて安定した供給を実施する。また、経済動向に左右されない発電所を抱える木材チップメーカーとして強みを持っている。バイオマス発電は、2011年に稼働した川崎バイオマス発電に続き、愛知県内において2019年10月稼働を目指すCEPO半田バイオマス発電事業へ邁進。
木材チップ製造ネットワークとして、1985年に東海木材資源リサイクル協会設立から全国組織である全国木材資源リサイクル協会連合会は、2004年に特定非営利法人化し、現在に至る。

■企業からのメッセージ

フルハシEPO株式会社は、1947年に愛知県名古屋市熱田区に製材業として創業しました。そして、さらなる木材利用の可能性を目指し、1956年に木材チップ製造業を起こし、木にこだわり『植林からエネルギーまで』と掲げ、木質バイオマスの可能性を追求し地球環境の未来を創造する事業を進めています。愛知では、来たる2019年10月に合弁事業にて50MWのCEPO半田バイオマス発電の稼働に向けて鋭意建設を進めています。
木材チップ製造におけるパイオニアとして、また全国に広がる木質資源リサイクルネットワークを組織する企業として、さらにはバイオマスエネルギーを推進する発展的事業を、ともに推進する力を求めています。人財募集、企業連携、新事業構築ほか幅広く連携できると素晴らしいですね。

■企業データ

社是(企業理念)
「世のため 人のため 地球のため 社員のため」
「植林からエネルギーまで木質バイオマスの可能性を追求し未来を創る」
本社以外の所在地
営業本部:愛知県名古屋市熱田区六番2-10-16
関東支社:神奈川県横浜市神奈川区沢渡1-2
愛知第一工場(春日井)、愛知第二工場(弥富)、愛知第四工場(武豊)、愛知第五工場(清須)、愛知第六工場(豊田元町)、三重工場(川越)、静岡第一工場(掛川)、飛島リサイクルパーク、千葉リサイクルランド、東東京(松戸)工場、セントレア事業所、静岡営業所、千葉営業所、東東京営業所、西日本営業所(広島)、jonetsuYoga一社スタジオ
資本金 2億5,500万円 従業員数 272(正社員234名、パート10名、嘱託社員3名、派遣社員25名)名
代表者職・氏名 代表取締役社長 山口 直彦